土木管理総合試験所

文字サイズ

橋梁等建設物の塗料の有害物質の分析(鉛・クロム・PCB)

橋梁等の鋼構造にはサビ止めを目的として有害物質である鉛、クロム、PCBを含む塗料が過去に用いられていました。これらの有害物質を含む塗料の剥離作業・塗装の塗り替え工事を行う前には、

  • 剥離作業中の作業者の有害物質暴露防止
  • 剥離後の塗膜くずの適切な廃棄

のために、塗膜の有害物質分析が必要となっております。

また、暴露防止については厚生労働省より通達が発せられております。
「鉛等有害物質を含有する塗料の剥離やかき落とし作業における労働者の健康障害防止について」平成26年5月30日厚生労働省通知(基安労発0530第2号、基安化発0530第2号)

当社では下記に対応した分析を承っております。

有害物質暴露防止に係る塗膜分析と基準

有害物質 試験方法 基準 剥離作業に係る法令
含有分析 含まないこと 含有すると、鉛中毒予防規則適用が適用されます。
クロム 含有分析 1% 1%を超えると、特定化学物質障害予防規則の考慮が妥当です。
PCB 含有分析 1%

 塗膜くずの廃棄に係る分析と基準

有害物質 試験方法 基準 廃棄方法
溶出分析 0.3mg/L 基準を超えると、特定管理産業廃棄物となります。
六価クロム 溶出分析 1.5mg/L 基準を超えると、特定管理産業廃棄物となります。
PCB 含有分析 付着または封入していないこと 基準を超えると、特定管理産業廃棄物となります。

 

なお、基準につきましては自治体や工事によって異なることがございます。