土木管理総合試験所

文字サイズ

コンクリート調査

コンクリート材料試験

土質調査

年月を経過したコンクリート構造物の補修設計・補強設計等に必要な構造物の室内試験データを提供します。

  • 圧縮強度試験
  • 中性化試験(表面法・割裂法)
  • 塩分含有量試験
  • 静弾性係数試験
  • 練混ぜ水試験
  • 促進膨張試験(カナダ法アルカリ溶液浸漬法・JCI-DD2法)

促進膨張試験の詳細を見る

耐震診断現場調査

土質調査

既存建物の耐震診断や耐力度判定に必要な現地調査データを提供します。

  • ひび割れ、変形、老朽化
  • 不同沈下、柱傾斜測定
  • コア採取 → 中性化試験 → 圧縮強度試験
  • 鉄筋探査など

建築物耐震診断 調査項目一覧PDF

土木構造物劣化診断・老朽化調査

コンクリート構造物診断

コンクリート構造物はASR,凍害,塩害,硫酸塩劣化などあらゆる要因で劣化が進行します。高度経済成長期に集中整備されたコンクリート構造物は急速な劣化が予測され、インフラストック維持管理が早急に求められています。当社では自然電位法やひび割れ調査により橋梁・トンネル点検を行います。

  • 外観目視調査
  • ひび割れ調査
  • コア採取 → 圧縮強度試験
  • 中性化試験(はつり法・ドリル法)
  • 鉄筋腐食度調査(自然電位法)

表層透気試験(トレント法)

土質調査

コンクリートの表層品質を確認する方法として、表層透気試験機(パーマトール)を用いて透気係数により評価します。

「コンクリート構造物の品質確保の手引き(案)(橋脚、函渠、擁壁編)平成27年12月 国土交通省 東北地方整備局」において、緻密性の評価に使用する非破壊試験手法として記載されております。新設構造物の品質管理の手法として表層透気試験を用いられる現場が増えております。

表層透気試験の詳細を見る

配筋状態及びかぶり測定

土質調査

国土交通省通達の「非破壊試験によるコンクリート構造物中の配筋状態及びかぶり測定要領」に従って測定を行います。
測定は配筋探査技術者の資格を有する者が従事します。

微破壊・非破壊による強度測定

土質調査

国土交通省通達の「微破壊・非破壊試験によるコンクリート構造物の強度測定試行要領」に従って測定を行います。
微破壊試験については外部供試体または小径コア法、非破壊試験については衝撃弾性波法(表面2点法)にて行います。 測定者はソフトコアリング協会及び(独)土木研究所による講習会の修了者が従事します。

マスコンクリートの温度応力解析

マスコンクリートの温度応力解析

橋梁下部工や函渠工などのマスコンクリート構造物において、温度応力 解析を行い、温度ひび割れに対する最適な対策工の検討を行います。

対策工検討例
  • ひび割れ誘発目地
  • 膨張材
  • 補強鉄筋、補強メッシュ
  • 保温養生材
  • パイプクーリング

三次元温度応力解析の詳細を見る

下水構造物調査

土質調査

下水道施設内で生成する硫化水素に起因した硫酸によるコンクリート構造物 の腐食・劣化度を把握し、補修設計・施工に必要なデータを提供致します。

  • 中性化深さ
  • 表面強度
  • 表面pH
  • 表面異常
  • 鉄筋かぶり、腐食
  • 硫黄浸透深さ

外壁タイルの定期調査

土質調査

建築基準法第12条第1項の「特殊建築物等定期調査報告制度」に規定されているタイル外壁、モルタル壁の定期点検調査について、当社では高所作業車による打診調査と赤外線撮影を併用し、定期報告に必要なデータをご提供致します。

鉄筋ガス圧接部・エンクローズ溶接部・機械式継手部検査

土質調査

鉄筋ガス圧接部およびエンクローズ溶接部について、超音波検査により欠陥の有無を検査致します。 また、SYゲージを用いて外観検査を実施致します。

また、近年は機械式継手部の採用が多くなってきており、これらの検査にも対応致します。

X線撮影による埋設物確認、PCシースのグラウト充填確認

土質調査

コンクリートの壁や床に配管孔を削孔する場合やアンカーを打込む場合、内部の配管状況をX線撮影によって確認致します。 また,プレストレストコンクリート部材のシース内のグラウト充填状況についてもX線撮影により確認することができます。(適用可能厚さ 最大30cm)