土木管理総合試験所

文字サイズ

読売新聞にため池の耐震調査がクローズアップされました。

2016年9月2日

土の繰返し非排水三軸試験全国には1万1318箇所のため池が存在し、多くが西日本に集中しています。
同報道から全体の29%(今年3月末時点)の耐震調査を終えていますが、東日本大震災の居た堪れない被害を鑑みますと、残71%の調査も急務と考えられます。

西日本試験センターに配備した振動三軸試験機は、上記調査の判定を行う上で非常に重要なパラメータを得る設備であり、現在も稼働率が大幅に増加するとともに、北海道~九州に渡る全国各地から試験体を受け入れております。

同試験設備は地震動による液状化など、地震耐力を測定する設備で、全国でも保有社数が非常に少ない状況であり、試験エンジニアも高い熟練度を必要とします。

増設計画や技術者育成を加速させ、各地域の皆さまを更にサポートできる体制を整えて参ります。
記事URL:http://www.yomiuri.co.jp/national/20160831-OYT1T50123.html