土木管理総合試験所

文字サイズ

砂防ソイルセメントの活用について

2017年2月24日

 近年、地震や大雨に伴う土石流の発生から、自然災害が頻発する等、緊急性の高い砂防事業が活発化しております。当該事業においては、土石流を抑止する砂防ダム(砂防堰堤)を、現場で発生した土砂で構築する「砂防ソイルセメント工法」の開発・活用が進んでおり、これは環境コスト、建設コストの縮減等、ゼロエミッションに対する効果が高い工法として注目されてきました。

 本年、「砂防ソイルセメント施工便覧 平成28年版」が発刊され、各基準が整備されるとともに活用範囲が拡大いたしました。弊社においても、平成18年より同ソイルセメントの研究開発を進めており、今後もさらに活用される技術となるよう、有識者ご協力のもと邁進しております。

砂防ソイルセメント工法の活用について [ 757KB ]

 
砂防ソイルセメントの活用について
「現位置撹拌混合固化工法(ISM 工法)設計・施工マニュアル」より引用
 砂防ソイルセメントの活用について