土木管理総合試験所

文字サイズ

社員インタビュー 中島壮弘

中島壮弘

(旧)G&D事業部

どんな業務を担当していますか?

私の部署では、戸建住宅を中心とした地盤改良工事を行っており、杭や固化材混入による地盤強化の提案や不同沈下した住宅地盤をジャッキで持ち上げ修正することで、建物の安定・補強を図る提案を行っています。
そのための地盤調査や工事が営業商品となりますが、ただそれらを買っていただくのではなく、土木管理総合試験所の中島として、技術力や提案力を買っていただくようにしています。
ただ商品を売るセールスマンではなく、当社の技術営業としてのプライドを持って仕事をしています。

営業を行う上で心掛けていることはありますか?

私はお客様が望んでいる最適な提案をしたいと考えています。そのためには事前にお客様の情報や業界の最新情報収集を心掛けています。
お客様のこだわりや方針などを確認しておき、自分が自信を持って良いと思える工法を厳選し、提案しています。
常に新しい工法などが開発されていますので、常に勉強し、スキルアップを心掛けています。

当社の営業をどのように感じていますか?

当社の営業を私は技術提案型営業として捉えています。物を売るだけではなく、私たちの会社の技術力を買っていただく気持ちで営業をしています。
そのためにはまずは現場での研修から始まります。技術員との現場同行で泥だらけになって作業をすることもあります。
そういった体験があって現場を知ってこそ、お客様にとっていい提案ができると思っています。

営業の魅力ややりがいを教えてください。

やはり新規にアプローチしていた先から「土木管理総合試験所の中島に任せてみよう」と言っていただける瞬間です。
自分が自信を持っている工法を新しく提案し、採用されて喜んでいただけるのは本当に嬉しいです。
自分の担当しているエリアで「困ったら土木管理の中島に相談すれば大丈夫だ。」と言っていただけるようになるのが営業としての目標です。

職場の雰囲気はいかがですか?

『G&D事業部』は、男性はもちろん女性もその能力を発揮している部署だと思っています。そのため、全体的に職場の雰囲気は明るいです。
コミュニケーションは活発ですので、いざって時の部署の団結力は非常に心強いものがあります。
仕事以外でも定期的な飲み会や、時にはスキーやバーベキューなどを企画して家族ぐるみの付き合いもしています。