インターンシップ

企業実習の実施 長野県長野工業高等学校

実施期間:2018年6月7日、6月18日、6月20日

6月7、18、20日に 地元 長野工業高等学校と企業連携による総合教育実習を行いました。 人手不足が深刻化する土木建設業の担い手として、現場で行う調査や試験について理解を深めるとともに様々な職種や役割を知り、進路選択に役立ててもらうために土木科3年生に対し、弊社技術員が講師となり、実習を行いました。

18日:長野工業高等学校のグラウンドで地質調査と現場試験を実施しました。

地質調査では、ボーリングの削孔方法や標準貫入試験の手法や手順、機械の性能、採取した地質試料の観察方法を体験してもらいながら、実際に地質の構成を表す柱状図を作成しました。現場試験では、盛土の管理試験の一つである土の密度を測定する現場密度試験や地盤の支持力を確認するスウェーデン式サウンディング試験を体験してもらい、解析方法及び算出結果の見方について講義を行いました。

20日:長野工業高等学校の校舎内と駐輪場で非破壊試験と環境調査を実施しました。

非破壊試験では、構造物のコンクリートの強度を推定するシュミットハンマーや鉄筋コンクリート造 の中にある鉄筋の位置を特定する鉄筋探査などの体験、環境調査では、騒音調査及び交通量調査を実 際に体験し、解析方法及び算出数値についての講義を行いました。