インターンシップ

総合教育実習の実施 長野県長野工業高等学校

5月30日(月) 長野工業高等学校と産学連携による総合教育実習を実施いたしました。2017年から行い、今年で5回目となります。(民間放送テレビ局3局にて、実習状況が放映されました。)
土木科3年生に対し、「減災・防災」教育の一環として実施するとともに、現場で活躍する社員が実践的な講義をすることで、現場で行う調査や試験について理解を深め、また様々な職種や役割を知ってもらう機会となりました。人手不足が深刻化する土木建設業の担い手として、今後の進路選択に役立てていただきたいと考えております。
今後も当社では、持続可能な社会の担い手を育むための教育(ESD)に取組み、持続可能なまちと地域社会を目指していきます。
※ESD:Education for Sustainable Development 持続可能な開発のための教育

◆実習の詳しい様子についてはこちら
DK note | 【ブログ】長野工業高等学校と産学連携による総合教育実習が長野県内ニュースで放送されました!

◆放送動画はこちら
SBC信越放送 「工業高校で地元企業による実習、生徒の進路選択に役立てて 長野市」
テレビ信州 「進路選択に役立てて 高校生が学校のグラウンドでボーリング調査の実習【長野】」

写真=(上)地質調査(右下)非破壊調査(左下)現場調査

地質調査の実習風景の画像 非破壊調査と現場調査の実習風景の画像