新着情報

自動試料分取装置開発・導入のお知らせ

2018年11月8日

この度、自動試料分取装置を開発・導入いたしましたので、お知らせいたします。

土質試験を行う前に、各試験に必要な量の試料(土)を取出す「分取」と、規定された粒径(石や砂の大きさ)にする粒度調整の作業があります。
工程を大きく分けると以下の3つとなります。

 ・攪拌     【小分けして入荷した試料(土)の状態を均一にするため、よく混ぜる】
 ・分取(縮分) 【各試験で決められた、必要となる試料(土)の分量ごとに分ける】
 ・粒度調整   【試料(土)をふるいにかけて、試験規定以上の大きさの石や砂を取り除く】

工程だけみると簡単に見えますが、使う試料(土)の量は非常に多く(比較的受注の多い試験内容のもので1試料あたり土嚢袋5~7袋位)、
自然物であるため均質になるように準備するには、多大な作業時間・技術員の経験と感覚が必要となります。
人材不足による人員確保が困難となっている昨今、個々の負担増加は避けられません。

そこで、人の代わりに重労働を行う機器の開発に踏み切りました。開発は困難を窮め、約1年半の期間を要しましたが、ロボットアームの活用や
これに接続する部品の開発により完成に至りました。機器導入後もデータを蓄積し、改善を続けてより良い機器に成長させていく予定です。

自動試料分取装置

 

新着情報

カテゴリ:
時期:
 

お問い合わせ

案件のご相談、お見積など、採用に関するお問い合わせなど、お気軽にお声掛け下さい。

  • 電話での
    お問い合わせ

    026-293-5677 営業時間:午前 8:20~午後 17:40 本社:管理部(代表番号)
    事業所ネットワークはこちら

  • Faxでの
    お問い合わせ

    026-293-6431 受付時間:24時間 本社:管理部

  • メールでの
    お問い合わせ

    専用フォームよりお問い合わせ下さい。

ISO/IEC17025
この標章は工業標準化法に基づく、試験事業者登録制度の標章です。
060213JP(当社試験所の登録者番号です。)
認定範囲の確認・依頼書