インターンシップ

長野県長野工業高等学校

実施期間:2019年8月7日~8月9日

体験内容

1日目:現場試験部

現場浸透試験 アスファルトの水はけ具合を調査。

2日目:非破壊試験部

衝撃弾性波試験 コンクリートの表面を叩き、その衝撃の伝わる速さで強度を推定。
圧縮強度試験 コンクリートの強度を測定。
中性化試験(割裂法) コンクリートを半分に割り、薬品をかけ、アルカリ性の低下具合を調べる。
塩分含有量試験 コンクリート中の塩分がどのくらいの深さまで浸透しているか測定。

3日目:土質試験部

業務説明 実習の流れ、試験内容の説明。
試験室見学 試料入荷~準備~力学~物理試験。
試料の観察 シンウォールサンプリングされた試料の写真撮影。
試験に使用する試料の場所決め及び寸法測定と観測(色見本等用い、サンプリング記録)。
試験用試料の整形 試料をφ5㎝×H10㎝に整形し、寸法測定。
一軸圧縮試験 整形した試料にて一軸圧縮試験の実施。試験後、試料状況のスケッチ。
データ解析 観察記録や一軸圧縮試験結果を実際にPCで解析。

体験の様子

体験した学生の声

普段、見学や授業でできないような貴重な体験となりました。
また、担当の方がとても優しく接してくださり、その試験を行う理由から方法まで一から丁寧に指導していただきました。
供試体の作成方法や試験方法などとても勉強になり、今後に活かしていきたいと思います。
今回の体験で、土木分野の広さと各試験の重要性を知ることができました。