新着情報

南阿蘇集中プラント管理業務

2018年9月26日 砂防堰堤工事

南阿蘇地域では、震災で崩落した土砂による災害防止のため、砂防堰堤の工事が行われています。
砂防堰堤を施工する際に用いられる工法は、現場で発生した土砂を堰堤構築に利用する砂防ソイルセメント工法になります。
様々な現場で復旧工事が進む南阿蘇地区では、計画された約80,000㎡のソイルセメントに適した材料を調達することがとても困難です。
製造量を確保するため、阿蘇周辺で大量に賦存(ふぞん)する火山灰粘性土を用いて改良を行うことになりました。
しかし火山灰質粘性土だけをセメント系固化材で改良しても、砂防えん堤に必要な強度・重さを確保することができません。
そこで、火山灰質粘性土・砕石・高炉水砕スラグを3種混合することで、強度・重さを満たし且つ最適なセメント量を提案させていただきました。

特殊な混合機により3種混合が可能となり供給を開始しています。
土砂性状のバラつきにより強度・重さの設計値を下回らないよう、事前に細かく管理を続けています。

新着情報

カテゴリ:
時期:
 

お問い合わせ

案件のご相談、お見積など、採用に関するお問い合わせなど、お気軽にお声掛け下さい。

  • 電話での
    お問い合わせ

    026-293-5677 営業時間:午前 8:20~午後 17:40 本社:管理部(代表番号)
    事業所ネットワークはこちら

  • Faxでの
    お問い合わせ

    026-293-6431 受付時間:24時間 本社:管理部

  • メールでの
    お問い合わせ

    専用フォームよりお問い合わせ下さい。

ISO/IEC17025
この標章は工業標準化法に基づく、試験事業者登録制度の標章です。
060213JP(当社試験所の登録者番号です。)
認定範囲の確認・依頼書