新着情報

アスベストの改正法が成立、工事前の調査・報告が義務化されます

2020年6月1日

アスベスト(石綿)の飛散防止対策を強化する“改正大気汚染防止法”が5月29日に参院本会議で可決、成立しました。これにより、原則としてすべての建物について、解体・改修の前に業者が石綿の有無を調べ、都道府県などに報告することが2年以内に義務化されます。

これまでは規制の対象外であった石綿をセメントで固めたスレートなどのレベル3建材も今後は規制の対象となるため、飛散防止対策が必要な解体・改修工事は現在の5~20倍に増えると見込まれています。

弊社ではアスベスト調査・分析はもとより、解体工事に伴う騒音振動調査、粉じん濃度測定、家屋調査などのトータルソリューションを提供しております。解体工事の際にはぜひご相談ください。

アスベスト調査・分析のご依頼はこちら

新着情報

カテゴリ:
時期:
 

お問い合わせ

案件のご相談、お見積など、採用に関するお問い合わせなど、お気軽にお声掛け下さい。

ISO/IEC17025
この標章は産業標準化法に基づく、試験事業者登録制度の標章です。
060213JP(当社試験所の登録者番号です。)
登録範囲の確認・依頼書