SDGsへの取り組み

SDGsとは

SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年から2030年までの国際的な「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成されており、地球上の誰一人取り残さない(Leave no one behind)ことを原則としています。SDGsは発展途上国だけではなく先進国も共に取り組む普遍的なものであり、私たち土木管理総合試験所も、持続可能な社会の実現に貢献することを誓います。

SDGs


長野県SDGs推進企業に登録

当社は企業活動を通じて、国際連合が採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に積極的に取り組んでまいります。


SDGs

当社が本社を置く長野県は2018年6月、SDGs達成に向けて優れた取り組みを提案する「SDGs未来都市」として他の28自治体とともに選定されました。
当社は長野県が設けた「SDGs推進企業登録制度」に賛同し、当社のSDGsのゴールにつながる具体的な取り組みについて下記のとおり宣言、公表することで、長野県のSDGs推進企業として登録されました。


当社のSDGs達成に向けた取り組み

宣言

私たち土木管理総合試験所の使命は、

-環境保全・整備事業における調査・試験を通じて人々の生活環境が豊かになることー。

試験所・技術者としての倫理を重んじ、企業としての経済的発展はもちろん、社員一人ひとりが環境や社会に対する責任を果たしていくため、「経営方針」「企業行動指針」に基づいた事業活動を展開し、持続的な企業価値の向上を目指します。


重点的に取り組むSDGs

SDGs


具体的な取り組みと指標

SDGs
3側面
(主な分野は太字)
SDGs達成に向けた重点的な取組 2030年に向けた指標
環境
社会
経済
社員が最大限に能力を発揮できる職場環境づくり
(多様な人材が柔軟に働きやすい職場環境の創造)
・えるぼし認定取得
・くるみん認定取得
・有給休暇取得率の向上
・テレワーク制度利用の推進
・えるぼし認定取得
・くるみん取得取得
・有給取得率70%の達成
 (2020年度50.3%→2030年度70%)
環境
社会
経済
インフラ整備に伴う新たな技術開発 ・橋梁床版劣化診断技術の開発
  当該技術を用いた橋梁診断 100橋
・騒音、振動、水質等の遠隔監視技術の開発
  当該技術を用いたモニタリング 100件

関連資料

長野県SDGs推進企業登録制度への当社の取り組みはこちら

NAGANO SDGs BUSINESS PORTAL
[長野県公式]長野県SDGs推進企業情報サイト > 当社情報ページ




新着情報

カテゴリ:
時期:
 

お問い合わせ

案件のご相談、お見積など、採用に関するお問い合わせなど、お気軽にお声掛け下さい。

ISO/IEC17025
この標章は産業標準化法に基づく、試験事業者登録制度の標章です。
060213JP(当社試験所の登録者番号です。)
登録範囲の確認・依頼書